TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2011年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Steve Lundquist

1984 Olympic はイーグルサムが流行った。。。
記憶に残るたくさんのレースがUSCプールで行なわれた!
カナダのアレックスバウマンとビクターデービス・・・
そして何と言っても個人的にはこのレース!

100m Breaststroke final - Steve Lundquist
スタートとターンのテクニック!
レース後にプールから上がった後の握手での上腕三頭筋にしびれたなぁ。。。


by taba-s | 2011-01-30 00:32 | Private | Comments(1)

アッという間に・・・

年が明けて1月も残りわずかです。
今日の午前中は佐賀から高校生が参戦しました。
いい刺激になりました。。。

Middle も Short もなかなか良い感じでスピードが上がってきました。
昨日はトレーニングの質の話をしたのでそれも影響したのかもしれません。

来週はスケート実習ですがトレーニングには間に合いそうです。
2月はいよいよレースが続きます。
答え合わせをしながら4月の長水路までの流れを組んでいきます!

選手の皆さん!いよいよですね!


by taba-s | 2011-01-29 23:05 | Music | Comments(0)

週8回

今日は午後練習のみ!AB合同でした。。。
みんなキッチリと泳いでいます。
(個人個人がどれだけ真剣に頑張っているかどうかは解りませんが。。。)

記録と体重表を見る限りですが、ある程度、各選手を把握できました。


増居選手がかなり泳げてきました。
短いメイン距離のセットならタイムも上げて来れるようになりました。


全体的に質的トレーニングになってだいぶ慣れてきたようです。
しかし質を上げた時の泳ぎがなかなかうまくいかない選手もいます。



by taba-s | 2011-01-28 22:53 | Music | Comments(0)

Long Team

どれだけ規則正しく上げて来れるかが強靭な心臓を作ります。
そしてスピード持久力の中でテンポとテクニックを安定させる事。

明日は・・・

Swim
100×8(1:20)Base
100×8(1:15)Pace up
100×8(1:10)Pace up

Total=2400m オーソドックスなショートレストインターバルです。

Kick & Pull & Swim の全体のバランスで1週間を乗り切る事を目指します。


基本は3段階セットアップです!Even & Neg のテンポとペース!
練習もレースも後半が勝負です。


「どんな状況でもやるしかない!」
そういう地味な努力を継続出来る事が素質だと思います。



RUN-D.M.C. 当時はしびれたけど「Walk This Way」そう言われても・・・

by taba-s | 2011-01-26 21:41 | Music | Comments(0)

明日も

早起きなのでそろそろ寝ます。



by taba-s | 2011-01-26 00:12 | Music | Comments(0)

Middle Team

年が明けてから火金の午後にBasic Qualityを入れています。

今日のメインは50×12(50)Cycle in

Total=αm Base Quality

制限タイムや頑張る本数を決めません。各選手の意思で攻めて絶えます。


基本はストレートセット!最初は50×16(45)から始めました。
常にレーステンポでピークパフォーマンスを維持します。

最初に16t 最後まで泳ぎ切る事を求ませんでした。
苦しいところから何本泳ぎを崩さずに頑張れるか!
レーススピードで何回泳ぐかが重要だと思います。。。

身体の色、泳ぎ、眼差し(表情)、真剣さでトレーニング効果を判断します。
Middleはスピードと持久力の融合でどれだけ我慢するかだと思います。




それにしても水着焼けの跡のブログで大城先生、いいこと書きます。
by taba-s | 2011-01-25 21:01 | Coaching | Comments(0)

Short Team

昨年から週2回サイクル長めに常にAerobicsを行なっています。

150×8(3:00)HR28
50×4(1:00)HR24
150×1(3:00)HR26
100×2(2:00)HR28
50×3(1:00)HR30

Total=1500m Aerobics

トータル2000m以上は行ないません。200m以上の距離はやりません。


シーズン当初はストレートセットでHR28で行なっていました。
Paddle No Pull・・・Fin Swim・・・Kick & Swim・・・
いろいろと試した結果、何となく見えてきた事があります。
徐々に変化してきました・・・
常にラストにいい泳ぎでピークパフォーマンスを目指します。

Longとは全く違う観点から意図を伝えて泳がせています。

もちろんレースが近づくと全く違うやり方で仕上げます。

身体の色、泳ぎ、気持ち(表情)、そこからトレーニング効果を判断しています。
by taba-s | 2011-01-25 00:02 | Coaching | Comments(0)

オフ

やっぱり水泳(チーム)の事を考えます。

競泳は結果が記録でランクされる非常にシビアな競技です。
その中で各選手が自分なりの目標を掲げて頑張っています。

現在は日本選手権(ジャパンオープン)組とそれ以外に分けています。
そこは条件に開きがありますが4月まではそうするしかありません。

A Team
日本短水路と日本選手権で結果を残すために頑張ります。
当然ですが夏シーズン(インカレ)でも戦力として頑張らなければなりません。

B Team
A Teamに上がる事も大切ですが、まずは自己ベストを更新する事です。
その結果、インカレ標準や日本選手権標準に少しずつ近づけると思います。
そして今の環境で結果を残せた経験が今後の競技人生に必ず役立ちます。

最も大切な事
本当は、全員が同じ志(こころざし)をもち、どんな練習にも、どんな環境にも、どんなルールにも、一人も愚痴をこぼさず前向きに向かう姿勢を持って欲しいです。しかし残念ながら今のチームはそうではありません。この場合、ルールは必然的に増えるし、全ての構造が複雑になります。

トレーニング中にお互いが目標を達成するためのアドバイスや競争心を促す事。そしてお互いの目標とそれに対する努力、それを評価し、そして認め合う事。その中で、選手である前に人間性を培えると思います。トレーニングの現場で、人間性ではなく記録だけでチームを分ける事に対して時折疑問を感じます。B Teamでも頑張っている選手はいます。その選手達のベストは嬉しいものです。


「勝って奢らず、負けて腐らず」
結果を残しチームを引っ張っていく立場になっても全体に気配りの出来る選手。
なかなか結果は出なくても腐らず愚痴をこぼさず前向に頑張る事の出来る選手。

どのチームにいても、誰からも支持される「人間性」を持ち、その中でチーム内における自分の存在価値を高めて欲しいです。
by taba-s | 2011-01-23 12:26 | Coaching | Comments(0)

消灯

All For Love(Bryan Adams, Rod Stewart, Sting)渋い!



Stroke Drill(Ryan Lochte)渋い!


by taba-s | 2011-01-23 01:18 | Music | Comments(0)

土曜日の早朝練習

今日は土曜日ですが早朝練習でした。試験中なので仕方ありません。。。

当然ですが・・・この時期にAM5:30から学内にいるのは警備員と水泳部だけです。
(大学生なので学業優先で試験を頑張る事が前提です)

両立させるべく頑張っている学生には頭が下がります・・・が・・・せっかく早起きしてトレーニングに励むのですから時間を無駄にしたくはありません。参加しただけで満足するくらいなら休んで勉強を頑張った方が良いと思います。

トレーニングはやはり目に見えないストレスと疲労感があるように思いました。
その中でもしっかりと目標をもって頑張っている姿もありました。


そんな姿に対して「私にやれる事は何だろう?」


そう考えながら、泳ぎを見ながら、プールサイドを歩き回っていました。
by taba-s | 2011-01-22 09:38 | Coaching | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー