TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Private( 594 )

昨日のイベント行事

午前中は特待生表彰式がありました。
大学は全学部に対して計203名の学業成績優秀者を表彰します。
保護者も出席されていましたが、これは金銭面でも親孝行になりますね。
表彰された学生は、大人に対してもしっかりとした会話ができ立派でした。

午後は小学校教員向けのスノーケリング講習会がありました。
小学校にスノーケリング指導に派遣される水泳部員も参加しました。
泳げない児童が道具を使いこなして1時間で水を怖がらず泳ぐようになります。

明日から福岡の小学校もプール開きです。
福大水泳部では、小学校の水泳の授業に部員4名を派遣して授業サポートします。
授業後には給食も頂きます。このようなイベントは学生にとっても勉強になります。
そして何より、このような活動が単位として認められるのですから!

福大水泳部の卒業生が指導している九州共立大学や西日本短期大学が来校。
試合ではライバルとなりますが、九州で活動する同志との交流は大切です。


強化は順調に進んでいますので・・・
くれぐれも体調を崩さずに来週のレースに向けて準備をして欲しいです!
by TABA-S | 2016-06-12 06:31 | Private | Comments(0)

巡回訪問

教育実習の巡回訪問でM高校に行ってきます。
水泳部顧問の先生(福岡大学水泳部の卒業生)には、毎年(8年間ずっと)選手を送って頂いています。
有難く思いますし、立派な卒業生を送り出せるように恩返しをしなければならないと常々思っています。
実習生も教育実習が始まって10日が経過しますが、忙しい毎日を過ごしているようです。
なぜか少し胸が高まります。。。
by TABA-S | 2016-06-08 07:57 | Private | Comments(0)

時代の変化

今の時代は、昔と違って全てが変わりました。
おそらく近未来はさらに変化を遂げることでしょう。
日常生活、情報管理、情報伝達ツール、冠婚葬祭のスタイル・・・言い出せばきりがありません。
本来なら人がやるべき仕事も、電子機器によって担える世の中になりました。
ボタンひとつで解決する。

大切なのは、そういう時代に、どんな理由で、どう対応するか?

10年前・・・20年前に必要とされたことも、今となっては不必要なものがあります。
逆に、不必要だったことが必要とされることもあります。
だから組織にとって「対応力」は大切です。

4年生と3時間近くミーティングをしました。長かったです。。。
しかし有意義な話し合いだったと感じています。
ボタンひとつで解決しない問題もあります。

人の心はボタンひとつでは動きません。

下級生は上級生の今の苦労を理解して頑張ってほしい。
そう切に思いました。
by TABA-S | 2016-03-16 19:57 | Private | Comments(0)

ブログ更新記録

咳を3回するうちに、体温計を1回、脇に挟んでいる「暇な」私です。

さっき・・・ついに39.1度を記録!

でも今は38.0度


私:「この体温計、大丈夫か?」

体温計:「この人、大丈夫か?」

そんな目で見るなよ〜  体温計!


やけに妄想が膨らむ今日この頃。。。

薬漬けの毎日。。。   発汗(寝汗)もひどく。。。   何より寂しいんです。。。
by TABA-S | 2016-03-03 16:10 | Private | Comments(0)

診察2(医者編)

医者が来るのを待つこと16分。。。

医者:「如何ですか〜なんだか熱が下がらないようで!」
私:「そうなんです。37.3から38.9を行ったり来たりで・・・」

医者:「それで咳は?」
私:「喉はかなり痛みますが、咳は16分に1回のペースです。」

医者:「ほぉ〜」(かなり正確に即答するねぇ)といった表情
私:(待ち時間、時計と睨めっこしてたら16分に1回とわかっていろいろと考えていたの!)

医者:「念のため、もう一度インフルエンザ反応を見てみましょうね!」

そう言って、あの鼻専用の綿棒を出して、回しながら鼻に入れられる。

「俺、2日間で鼻低くなった?」と思うくらい、あっさりと・・・慣れとは怖いものです・・・

結果的にインフルエンザではないと診断された・・・良かった!
5打席連続の空振り三振だったけど、チームがサヨナラ勝ち!  そんな気分。

家に帰ると、 「38.9度」   になっていた。
次の日に、スタメン、ショート4番を言い渡される。  そんな気分。
by TABA-S | 2016-03-03 15:33 | Private | Comments(0)

診察1(看護婦編)

病院に着いたら・・・    「午後の診療は14:00からです」との掲示が・・・

おいっ、あと15分もあるじゃないですか?
もしも体温が安静時まで下がってたらどうするの?

そして看護婦に2日前からの症状を簡単に話すと、すぐさま個室に連れて行かれる。
「体温計はなしか?」と思いきや・・・

数分後に「ガラガラ」とドアが開き、
「忘れてました。測ってください」よしゃ!来た来た来た   んん?
「ピッピー」体温計を覗くと 38.3度! よっしゃー   んん?

この感覚 待てよ。おかしい。   んん?

「この辛さを判ってほしい」これが病(やまい)というものだ!
訴えるように、じっと看護婦の目を見つめていたい気分だった・・・
by TABA-S | 2016-03-03 15:11 | Private | Comments(0)

病院

やっぱりおかしい。。。病院に行って再検査してもらうかな?



そこでよくあるパターン・・・家で  「38.7度」

看護婦:「お熱ありますか?」
私:自信満々に 「来る前に38.7度ありました!」

看護婦:「じゃあ一応測ってみましょうか?」
私:信用できんのかい!と思いつつ、言われて測ると・・・「37.1度???」

看護婦:(無言・・・で笑顔)
私:ちょちょちょ、本当にきついんだって・・・もう3日目だよ〜


守備範囲を広く持って・・・       「病院へいこう!」
by TABA-S | 2016-03-03 13:26 | Private | Comments(0)

インフルエンザ

「ただの風邪の症状のようですが、一応インフルエンザ反応を見てみましょうね!」

医者にそう言われて、鼻専用の綿棒みたいな物を回しながら鼻に入れられる。



「俺こんなに鼻高かったっけ?」と思うくらい、入る入る・・・

結果的にインフルエンザではないと診断されたが・・・それも2日前の朝のこと!




ここに来て、未だに   「38.7度」   怪しい。
by TABA-S | 2016-03-03 13:12 | Private | Comments(0)

風邪

「今年の風邪はタチが悪い」   毎年聞くような気がするけど・・・

定量化していないから実際のところはどうだか?



でも、今回の風邪は自分にとって、これまでで一番タチが悪い気がする。

これも実は・・・
風邪自体は大したことなくて、自分自身の抵抗力が低下した(単に年をとった)だけなのか?


もしかして・・・自分が年とともにタチが悪くなったか?
by TABA-S | 2016-03-03 13:02 | Private | Comments(0)

大人

誰にでも愛想よく 「リップサービス」 ができる大人に・・・



はなれない・・・けどちょっと憧れる。
by TABA-S | 2016-02-26 10:36 | Private | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28