TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

総括3

今日は在校生について書きます。

男子
池田は、入学してすぐの日本選手権以来、今大会200mで大ベスト更新しましたが、個人メドレーは日本も世界も近年で急速にレベルアップしています。今の結果に満足していたら「アッ」という間に追いつけないほどに先を行かれてしまいます。持久ベーストレーニングは十分すぎるほどやってきました。来期からは本格的に4種目を強化しますが、今以上に高い志で取り組んでもらいたいと考えます。松本も池田と同じく高い志で取り組んでもらいたいと考えます。本気で日本選手権で勝負出来るようになりたいのなら、細かい事にも妥協しない事です。1つの妥協が2つ目の妥協を生み・3つ・4つ・・・そして結果的に目標レースでも妥協が生まれます。400個人メドレーは、勝つための要素が幅広い種目であるために、勝つためにはそれ相応の覚悟を決める必要があります。そして塩崎は来期は200Ba & Frで行きたいと考えています(これはインハイの時から尾関コーチには話していました)。Baは久しぶりにいいレースが出来ましたが、夏シーズンは2種目を行なう事で気分転換にもなったと思います。練習中に辛さから逃げるために種目を変える事に対しては反対ですが、どちらも高強度でバランスよく頑張れるのなら良い事だと思います。Frはまだストロークが雑なところがあるので冬場に鍛えます。そしてこの3名にはインカレの800mフリーリレーも視野に入れてレースをさせたいと考えています。来年のチーム目標としては800mリレーを頑張らせたいと思っています。

女子
岡本は入学してここまで順調に記録を伸ばしてきました。基本的にトレーニングは頑張ります。しかし来期からは上級生なので、どのようなメニューに対しても、そして練習以外でも、後輩に模範となる前向きな姿勢を示して欲しいと思います。高校入学当時は全くの無名選手でしたが、強くなっても「自分らしさ」だけは失わずに全てのレースに全力で挑んで欲しい。そしてレースで悔しさがある限り伸び続けます。これはチョンウンも一緒です。日本に初めて来て私のメニューに参加した時の事や、生活習慣に馴染めなくて辛かった事など、その時のハングリー精神を忘れずに頑張れば伸び続けます。いろいろな経験が人間を強くするので、残りの大学水泳を充実した日々を送って欲しいと思います。大塚はトレーニングは順調でした(と言うよりもしつこくやりました)。2名と同様に秋からは上級生になるのでトレーニングやレースまでの過程をもう一度見直していく必要があります。人に言われるから頑張るのではなく自分のために、そしてチームのために、自分自身から積極的に頑張る。そのスタイルが基本で「無理するなよ」言われるくらいに成長しないとね?

1年生
初めてのインカレは非常に緊張する舞台だったと同時に「ここで活躍したい」と強く感じたはずです。入学してからは、高校までと全く違う環境の中で多くの戸惑いもあったと思います。しかしこれは先輩達も経験してきた事です。特に女子は、大学水泳において、1年目の秋から冬にかけての過ごし方がポイントだと思っています。これからが食生活も含めての自己管理能力が問われます。廣瀬と浜田は同じ種目ですが、4年間いいライバルとして頑張って欲しいと思います。そして甲斐は非常に個性のある泳ぎなので、フォームに関しても、そして肉体改造に関しても、地道な努力を忘れずに頑張って欲しいと思います。まぁ1年生は始まったばかりなのでこれから多くの事を経験していく事になると思います。仲間を大切にして忘れられない4年間を過ごして欲しいと思います。

最後になりますが、レギュラーを取れなかった選手達は、今のままでは本当に厳しいと思います。これから年末までをどのような意識で取り組むか?いや、記録会が終わった時点で再スタートは始まっていますのでレギュラーと一緒にオフなんて言ってられません。想像以上の努力をしないとインカレのスタート台には立てないと思います。特に九州から男子でシードに入る事は安易な気持ちでは絶対に不可能です。


書いているうちに熱くなって長くなりましたが・・・
今年の夏は本当によく頑張りました!ゆっくり休んで下さい。
そして10月から新チームで再びスタートです!

by taba-s | 2008-09-10 22:28 | Coaching | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31