TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

総括2

今日は4年生について書きます。

広田将也は高校生の時にプールに見学に来ました。その時に泳ぎを見て魅力を感じ本人も福岡大学を気に入ってくれて推薦入試で来てくれました。しかしトレーニングでもレースでもメンタルの弱さがあって・・・なかなか結果に結びつきませんでした。でも最後の最後で本当にキャプテンらしい仕事をしてくれました。彼には「立場」と「責任」がこれほどまでに人間を成長させるという事を教えてもらいました。彼の統率力があってこそ男子のシードを死守出来たと思います。

坂口征司が新入生の時にはとにかく練習が弱くてで200mバタフライの選手だけど50mのメインしかまともに泳げない。しかし向上心が強く負けず嫌いで・・・本当にコツコツと努力しました。上級生になって日本選手権出場を決めてからはとにかく練習が強かった!トレーニングでは自分にも他人にも厳しく、そして探究心と努力によって最後はレースで自信を持つ事が出来るという事を教えてくれました。チームで一番のムードメーカーです!

広尾昌彦は高校の時にS賀学園でしっかりと鍛えられてきた選手で、私自身、個人的にも伸ばさなければいけないというプレッシャーがありました。しかし最後はベストを更新させる事が出来ませんでしたが、坂口選手と切磋琢磨して競い合う姿は今でも鮮明に憶えています。とにかくウエイトトレーニングをすると筋力がつきやすいタイプで必要以上の重さを上げるほどパワーのある選手でした。最後まで諦めずに泳ぎ続けた事は社会人になって必ず生きてくると思います。

黒木綾乃はとにかくいろいろな合宿に2人で行く事も多かったし、あまり選手と話さない私には珍しく、多くの事を話をしました。いろいろな事を考えさせたり・・・いろいろな事にチャレンジさせたり・・・しかし最後の数ヶ月は彼女の思うままにやらせました。そして彼女の潜在能力の高さを信じました。コーチとしての「信頼と我慢」そして一番は気持ちよく泳がせてあげる事が必要だと教えてくれた選手です。

塔本茂貴は最後の8週間はショートチームに行きましたが3年間は私のチームで耐えてくれた選手です。私は基本的に他のチームに行ったら担当コーチに任せるのですが、選手が不安のまま送った事に対して私自身に責任もあったので2回だけ泳ぎのポイントを話しました。それを聞いて上手く調整出来るセンスの高い選手です。高地トレーニングでの頑張りは目を見張るものがありました。今年の夏は辛かったな!俺も正直辛かったんだよ!

木村征嗣は体育部会の役職として2年生から水泳と両立して頑張ってくれました。その中で競泳選手として満足のいく結果を出させる事が出来なかった事に申し訳ない気持ちです。しかし客観的にチームを見て、多くの選手のサポートをしてきた事は社会人になって必ず生きてきます。卒業後の活躍を見守りたいと思います。

選手達は本当に4年間よく頑張ってくれました。4年間も私と付き合ってきた事に自信を持って下さい。そして他のチームの4年生にも勧誘から入学、そして4年間の経緯と思いはありますが、担当コーチとの思いも数多くあると思いますのでここでは控えさせて頂きます。

最後にマネージャーの中道麻佑加と江里口舞は4年間、辞める事なく最後まで水泳部に携わってきてくれた事に感謝しています。とにかく選手以上にマネージャーに対して厳しい私によく付き合ってくれました。心より「本当に有り難う」と言いたい。
by taba-s | 2008-09-09 22:30 | Coaching | Comments(3)
Commented at 2008-09-10 08:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-10 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-11 10:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31