TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ハードコーチ VS ハード選手

漸増負荷トレーニング=インターバルトレーニングの原則であると言うのならば・・・そのインターバルトレーニングの距離・時間・回数・記録のバランスをうまくコントロールして選手の最大限の努力を発揮させる事がコーチの役目なのでしょうか?

その4つのバランスを無視して・・・

極端に距離だけを求めるコーチ!
極端に時間だけを求めるコーチ!
極端に回数だけを求めるコーチ!
極端に記録だけを求めるコーチ!

最高の推進力を得る動きについて話す=技術指導の原則であると言うのならば・・・各選手の特徴を把握し、それぞれの身体的要素を駆使してその選手の最大限のストロークテクニックを引き出すためのドリルワークに固執する事だけがコーチの役目なのでしょうか?

・・・が深いとか・・・が滑るとか・・・

テクニックばかりを求めるコーチ!
選手との会話だけを求めるコーチ!

しかし問題はレース結果だと思います。

私自身、これまでハードコーチと言われる事には抵抗を感じていましたが・・・今はハードコーチと言われる事を誇りに思いたい!

ハードコーチとは選手の全てを把握するように、全ての事にバランスよくアプローチし、レースで結果を残すための最大限の努力を求め、妥協の数を限りなく少なく出来るコーチだと思います。私自身まだまだ妥協を減らす事は出来ます。これからもっともっとトップのハードコーチを目指したい!

そしていつか・・・ハード選手と巡り会いたい!
(今でも十分にハードな選手達ばかりかな?)
c0023212_19413082.jpg
これから洋酒いきま〜す!
by taba-s | 2008-03-31 19:42 | Coaching | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30