TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

九州カップ

レースが終了しました。結果は・・・
将也
今日の400mはベスト更新でいいレースでしたが・・・Japanまで0.06秒しかしキャプテンらしいレース展開でスタンドを沸かせてくれました!あと2回のレースでそれぞれ課題を持って頑張れば必ず切れます。
良次
疲れはなかったようですが短水路の泳ぎ方がつかめなくてレースが中途半端になったようです。今度は長水路なので水着の試着も含めてJapanに向けてのリハーサルのつもりで頑張って欲しいです。
洋乃
これまでの過程とレースの結果、そしてこれからやらなくてはならない事、現実の結果を素直に受け入れた今なら大学水泳で大切な事が理解出来るでしょう。これからが大学水泳での本当の勝負です。
Kビン
初めてレースを見ましたがベストが出なかったのは残念です。しかし初めての環境で高校2年生なのに自分でアップもしてレースに挑んだのでいい経験になったと思います。
佐知子
200Baで4秒以上ベスト更新でJapan突破しました。初日に2種目エントリーだったのが残念!2日目に400のIm or Frにエントリーしていたらレースが見れたのですが・・・しかし順調です。
裕二郎・真幸
火曜日の50×4のセットが非常によかったので本当に楽しみでしたが・・・ちょっと強い刺激を入れすぎました。私のミスです。長崎ではそうならないようにさらなる準備をしてJapanに繋げます。
綾乃
1週間前に体調を崩した事と200mを泳ぎ切るための準備をアプローチ出来なかった事が悔いが残ります。
健太・善久・茂貴・大介
火曜日までちょっと強い刺激を入れすぎ泳ぎが重かった・・・これも私のミスです。その中でもよく頑張ってくれました。2人のベスト更新はすごく評価出来ます。善久は200mの準備もさせたいと思いましたが・・・もう少し我慢して様子を見ます。大介はグァム合宿の疲れもありテンポを上げる事に意識しすぎたせいか空回りしていたようです。しかしこの2週間の経験は必ず今後に役立ちます。
昌彦・愛子・チョンウン
3名はJapanを切らせる事が出来なかった・・・コーチとして力不足を実感しました。申し訳ないという気持ちです。しかし昌彦はいいレースをしていました。将也と一緒で絶対にJapanを切りたいという気持ちがレースから伝わりました。そして愛子とチョンウンはレギュラー争いで200mだけは確保したいという気持ちからスピード練習に対する意識が薄れていました。3人とも標準記録は圏内です。強い気持ちを持って最後まで諦めずに頑張って欲しいです。

特に男子に関してはもう少し慎重に疲労回復に時間をかけなければいけないという事を思い出させてくれた大会です。コーチもいろいろな事を繰り返して学習します。課題が残ったというよりも大切な事を思い出させてくれた大会になりました。

そして最後に・・・今回はジュニアスイマーのレースも見ましたが、改めてジュニア選手を指導しているコーチの方々の頑張りを感じました。九州には将来楽しみな選手がたくさんいます。
by taba-s | 2008-02-11 01:51 | Coaching | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31