TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

気持ちの入った泳ぎ

選手を見ていて「泳ぎに気持ちが入ってない!」と感じる事があります。若い頃に年輩の先生が選手に対して「君の泳ぎには気持ちが入ってないから駄目だ!」と怒鳴っていたのを見て「そんなに感情的にならなくても選手は頑張るつもりで泳いでいるんじゃないか?」なんて思っていました。

最近は気持ちが入った泳ぎを肌で感じる事があります。何となくその日の調子で頑張る泳ぎはよく見ますが、最初から狙って魂の入った泳ぎは年間に数回しか見れません。その回数を増やしていく事が必要で、増えていく事でさらなるレベルを求めるようになるのでしょう!

コーチという立場で、10年後には今と違った「何か」を感じるのでしょう。年を重ねる事で自分なりに確実にコーチとして向上しているように思いますが、それと引き換えに知らないうちに失っているものもあると思います。無我夢中で自信過剰な数年前の自分に恥じらいを感じつつも羨ましく思う事もあり、複雑な心境です。

こういう事を書いている自分に恥じらいを感じる年が来るのでしょうか?そのとき自分が現場のコーチングで何を目標とし、何を感じているのでしょうか?選考会までの選抜合宿では気持ちの入った泳ぎに対して気持ちの入ったコーチングを実施するつもりです。とりあえず?(笑)今はそれだけです。
by taba-s | 2007-11-16 21:27 | Coaching | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30