TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

Technique

昨日までAerobicsを中心に適応してきましたので・・・
今日の午前中は4種目のDrill中心に行いました。
各種目のDrillを説明し、指示しながら行ったため時間がかかりました。気がついたら12時前なのでメインスイムはやめました。Drillを行うとついついいろいろな事を伝えたくなってしまいます。ディスタンスはほかにもっと優先してやらなければいけない事があるので普段はこういう事は出来ません。うちは平泳ぎはいませんが個人メドレーがいるので平泳ぎはついついやらせたい事が増えてしまいそうです。

私の専門は平泳ぎでした(たいしたレベルではありませんでしたが・・・)
過去のブレスト選手の特徴について水中映像を引っ張りだして話したい勢いです。
ロサンゼルスオリンピック時代のSルンドクイスト、Jモフェット、Vデービス、そしてSホルナー、Sゲラシュといった女子選手、Jサボー、Aムーアハウス、Mバローマン、Nギリンガム、Dボルコフ、デブルフブラエブなどなど・・・(ウエップキックやウエッジキック、フォーマルブレストやナチュラルブレストからウエーブストロークへの技術改正)きりがない・・・

卒論や修論も平泳ぎの筋放電と映像分析でした。当時のオリンピック選手や日本記録保持者、M崎選手やO田選手の泳ぎの特徴について書きました。当時K○Gときわの浅○先生から肘の使い方やドリルを学んだときは感激でした。最近平泳ぎで勢いのある東○大学の加○先生のお話もすごく興味深い事ばかりです。もちろんですが、平○先生といえば「世界」から興味や関心が集まっています!

こういう事を書いていると改めて思います。
コーチとしてトレーニングの意図と技術への探究心は永遠の課題です。
by taba-s | 2007-04-21 13:55 | Training | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30