TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ブログの賛否

インターネットによるコミュニケーションの時代の到来はいかなるものか?

インターネットを通して自分の意見(時には他人の中傷)を顔や実名を出さずに言えるようなこのご時世、そしてそれを都合のいい事に何の羞恥心もなく無記名でコメントする人、そこに人間の本質的な恐ろしさや愚かさを感じるし、それ以上に下品な事は無いと思っている。
(A)「実名でコメントする行為を行わない」という事にモラルの一線を引くべきか?
(B)「無記名の投稿はしても中傷はしない」という事にモラルの一線を引くべきか?
もちろん・・・
このブログだって誰が見てもそれは自由、こういう事を書くのも私の自由。

私は、本人から直接言いたい事を言われた時の「心の傷」よりも、誰だか知らない人に無記名で中傷されたときの「心の傷」の方が辛いし悩んでしまう。会った事も無い人間に中傷される事も辛いし、よく知っている人間が実は匿名で中傷しているともっと辛い。おそらく人間不信になるだろう・・・しかしそれが起こりうる時代、そしてそういう行為へ罪悪感がないのが今の時代なのだろうか?
そして知らない人に無記名で中傷されたときの「心の傷」の癒し方は知っていても、直接言いたい事を言われた時の「心の傷」の癒し方が知らないのが今の時代のニーズに適応している人間というのなら・・・私は今の時代のニーズに適応できないタイプの人間だろう。

最近はその「無記名での投稿」が当たり前の時代なのか?
水泳部のBBSに無記名(匿名)で中傷的なコメントが入る時期が何度かあったが、私は学生に「こちらが感情的に言い返す事で相手の思うつぼ。そういう小さな人間のコメントには誰も触れずに無視しなさい」と伝えた。すると数日後にコメントは無くなった。(中傷の時期を考えると検討がつくが)
また昨年度に無記名の投稿について学生を注意したこともある。個室に呼んで説教をしたが、学生を相手に様々な思いを伝えるにはエネルギーが必要!そして他人でありながら愛情があるからあれだけ厳しく叱れるのだろう。「何とか思いを伝えたい」という気持ちで無我夢中だった・・・他の人には嘘をつけても私には嘘は通用しない。
私は常に「TABA」という実名でコメントするが、自分の存在を明確にすることで発言する事に対する責任が問われてしまう。マスコミや新聞・雑誌などは署名がなく言いたい(書きたい)放題。そして偽善者達が「良いことを伝える事が美学である」という認識だけで先陣を斬って軽はずみに正義感を語る。大人の意見なんて正解もなければ間違いもない。「人が死んでもいい理由もなければ死んではいけない理由もない」ともある本で読んだ事がある。

話は一転するが、紅白でもトップレス風のボンテージが話題になった。乳房を出さずに乳房のボンテージを身につけてNHKという局で歌う事の意味が私には理解出来ないし、それを許可した責任者の意図やボカしやモザイクをかける事の意味?それなら最初から撮影するなと言いたい。外国では日本映画でボカしやモザイクをかけている事が品がないとも言われるらしい。つまり自分の顔の上に自分の覆面をかぶって強盗し、強盗という行為そのものよりも、そういう行為を行う心理になるまでの過程や環境を問題として取り上げ、行為自体が許される時代が来るのというのならそれ以上の偽善はないし、ここにも人間の本質的な恐ろしさや愚かさを感じるし、それ以上に下品な事は無いと思っている。

ちょっと書き過ぎたので・・・そろそろやめときます。

By 匿名希望のTABA
by taba-s | 2007-01-06 22:30 | Private | Comments(2)
Commented at 2007-01-07 05:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-01-11 10:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31