TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

100%

そういえば・・・
選手に「100%の力を発揮する」という話をしました。以前ヤンキースの松井選手が話していた事を思い出して自分なりに解釈し幅を広げて私なりに話したのですが。

<要するに>
力を発揮する場面で自分の今持っている力を100%発揮するために何をすべきかを考えるという事。自分が努力して変えられるものは変えていき変えられないものは気にしない。それが出来るという事も素質の一つであり、これまでの経験を役立てるという事。

<よくあるケース>
選手がある目標タイム(100%)を設定し「それをクリア出来なくても高いレベルになるように」と思いちょっとだけ高めに目標を設定する(ここで110%)
そしてコーチはその目標を聞いてやはり「それをクリア出来なくても高いレベルになるように」とちょっとだけ高めにハードルをあげる(ここで120%)
そしてトレーニング中のタイムも「それをクリア出来なくても高いレベルになるように」とちょっとだけ高いタイムを要求する(ここでさらに130%)
選手は思う・・・「トレーニング中にこんなタイムで泳ぐのは無理」そしてもともと目標としていた100%のピントがボケてしまう・・・

<結論>
100%発揮出来そうな目標タイムを明確にし、その目標に対して毎日毎日をできるだけ100%やれるだけの努力をする。そしてその過程と結果を考えて次の目標を明確にする。4年間で確実にタイムを伸ばしていく選手は、毎日を大切にして結果的に数年後気がついたら100%+αになっているものではないでしょうか?
選手は今回のレースを分析し、来月までに出来る事を明確にし毎日の自分に課題を与える。もちろん私は120%や130%の努力を要求している訳ではありません。あくまで100%に近い努力をしていく事が大切だと思います。
by taba-s | 2006-02-14 00:31 | Coaching | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30