TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

合同練習

山口先生が Japan Open 引率のため、大学では2日間の合同練習でした。
チームでやっていると、年に数回はこのような機会を設けることも大切だと思います。

練習については、特別にメニューを変更して特別扱いする訳ではなく、本当に私の通常のメニューで微調整しての合同練習だったので、ショートチームにとってはハードなトレーニングになったと思います。しかし、みんなよく声を出し合って頑張っていました!いつもの山口先生の教育を念頭にした指導の「軸」がぶれていないのだと感じました。

私も山口先生も私利私欲のためにプールサイドに立っている訳ではありません。
選手が結果を出すための準備を万全にし、自信を持ってレースに挑めるようにやっています。
目的は一つなので、不在の時もお互いに信頼して選手を預ける事が出来ています。

「個人競技でも複数の人で構成された1つのチームであり、つまりは団体競技である」
などのような表現をすることがよくあります。

これはスポーツの世界だけではなく、人は共同体(私的所有社会共同体以前に存在するとされる社会)の中で「共存して生きている」ということであり、そこに共同体意識があるのかどうかが問われることによって、福岡大学水泳部の方針に基づいた組織が成り立ち、競泳独自の個人スポーツとしての競技が成り立ち、チーム(組織)に繋がるプレーになると思います。私の基準では、それを「チームワーク」と言います。学生達には、これからも強い帰属意識と共同体意識を持って練習にも試合にも挑んで欲しいです!
by TABA-S | 2016-05-21 09:51 | Training | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28