TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

練習と試合

練習
選手は自分の目標を達成するためにチームを選択し、その目標を達成するために毎回の練習に参加し、技術と体力を高めるために頑張って努力します。その努力と成果を確認するために試合にエントリーします。選手達は苦手なメニューがあると他の選手よりも克服する努力をしなければなりません。
選手に「頑張って練習に来ているか?」ではなく「考えて練習をしているか?」と問いたい。
身体が伸び盛りでもない大学生は練習に「行っているだけ」ではベストが出ないからです。

試合
試合が良くない場合は努力が足りないと判断されてチームの足を引っ張ることになります。
試合が良くないのに「4年生で自己満足のため」にレギュラーにするのはおかしい。
だから教える立場の教員も根気よく何度も繰り返して指導する「エネルギー」が必要。

練習内容も大切。練習内容を理解することも大切。

しかしもっと根底にあるのは・・・
選手達から「頑張って練習する意欲を引き出すこと」が大切な教育だと感じる。
根本的なところはズレてはいけない。




昨日の内容と同じようなもので・・・

練習に来ないのは論外だし出席するのは当たり前
さらには「出席しているだけ」で頑張っているとは言えない。

プロになると出欠をとやかく言わない組織もあるだろう。
なぜなら「結果」が全てのシビアな世界だから。


競技(競泳)をどう捉えるか?
根本的なところはズレてはいけない。
by taba-s | 2014-07-27 16:31 | Coaching | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31