TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

授業と定期テスト

授業
学生は必修科目または選択科目を履修し、その科目の単位を取得するために毎回の授業に出席し、専門性を高めるために頑張って学習します。その講義内容が理解出来ているかどうかを確認するために定期テストを実施します。学生達は苦手な科目があると他の人よりも多く復習しなければなりません。
学生に「頑張って授業に行っているか?」ではなく「頑張って授業を聞いているか?」と問いたい。
授業に「行っているだけ」では単位が取れないからです。

定期テスト
テストが解けない場合は理解出来ていないと判断されて再履修になります。
テストが出来てないのに「4年生で卒業させるため」に出来たことにするのはおかしい。
だから教える立場の教員も根気よく何度も繰り返して指導する「エネルギー」が必要。

授業内容も大切。授業内容を理解することも大切。

しかしもっと根底にあるのは・・・
学生達から「頑張って学習する意欲を引き出すこと」が大切な教育だと感じる。
根本的なところはズレてはいけない。






同じようなもので出席するのは当たり前
さらには「出席しているだけ」で頑張っているとは言えない。

プロになると出欠をとやかく言わない組織もあるだろう。
なぜなら「結果」が全てのシビアな世界だから。


競技(競泳)をどう捉えるか?
根本的なところはズレてはいけない。



今日の欠席者

中村(圭)選手
萱島選手4
越川選手3
by taba-s | 2014-07-26 16:06 | Training | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30