TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

世間はGW

今日は祝日でしたが・・・通常通り授業がありました。。。
そして練習も通常通り。。。

今日は 合同 Fr Kick の日でした。
毎週のメニューは同じようですが、細かく本数とサイクルに変化を与えています。
先週やれた事はやり遂げる事!そしてまた新しいチャレンジをする事!
その繰り返しで強くなります!

前日もブログに書きましたが・・・

同じ距離とサイクルの中でも・・・ただ何も考えずに泳いでいる選手
少しでも速く泳げるように泳ぎを考えて工夫して頑張っている選手

両者は全く違う結果になります。

苦しくても頑張っていれば「体力」は改善されます。
いい泳ぎをイメージすれば「技術」も改善されます。

「体力」と「技術」

この2つを根本的に支えているのが「心」で「心」が折れたら何をやっても効果なし!
つまり日々のトレーニングに「精神」を鍛える要素は含まれているという事です。



今日は小島コーチと名倉選手が来てくれました。。。
小島コーチが「日々強くなっていく選手は目つきが違う」と話していました!



ある大学でこんな授業があったという。

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。

壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」

そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。

そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。

それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。

自分の中の「優先順位」をもう一度だけ見直すきっかけにして下さい!
by taba-s | 2012-04-30 20:22 | Coaching | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー