TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

新チームへの雑感

先日の学部祭でのK先生のお話です。。。
「素直」「真面目」「一生懸命」の選手に結果を残して欲しいけど・・・
「横着」「裏表がある」「要領がいい」の選手が勝つ事がしばしある。。。

この場合、指導者も選手も納得出来ない歯がゆさがあるけど実はこれには盲点がある。
「素直」「真面目」「一生懸命」にやれた事だけに満足し、そういう自分をもっと褒めて欲しい、見て欲しい、それは誰のために?何のために?努力しているのかを履違えてしまう。

そもそも褒められるために競技を頑張っている訳ではなく、人のためでもなく、一番は自分のために頑張るもの。その結果、褒められるというよりも評価されるものだと思います。特に大学・社会人にもなると自分に必要な事を自発的に考えて行動する事が大切です。



「選手もコーチも全ては結果!」という厳しい言葉の裏には・・・

大学水泳はそれまでの過程への高い意識によって結果に大きな差が生じる事に気づいて欲しいです!
by taba-s | 2011-12-11 21:41 | Coaching | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31