TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

現場だからこそ必要な教育

今週から質を求めるトレーニング期に移行です。
朝の個人メドレーもみんな頑張っていました。

午後の補強も4グループに分かれて頑張っていました。
特に4年生を中心に動きを考えてやっているようです。

そしてメインスイム・・・

結果を出すために覚悟を持って毎回のトレーニングに励む事が大切。
また記録も大切だけどそれまでの振る舞いや言動に対する教育も大切。

知育=知識を広め知能を高めるための教育。
徳育=道徳意識を養うための教育。
体育=身体活動により体力の向上をはかるための教育。


ルールを重んじてお互いのスキルを競うスポーツの現場。
その現場には日常では経験出来ない特種な教育があります。





コーチは想像以上にエネルギーが必要です。

一歩、さらに一歩、選手達の心に足を踏み込む事だと思います。
嫌われる事を恐れていたらその一歩は踏み出せません。
そのエネルギーを発する勇気がなければ・・・
選手と共通の「嬉しさ」や「悔しさ」は共有出来ません。

選手の動向を、見て見ない振りをして投げる事(放棄)は出来ません。
そうすれば・・・
レースの結果が良くても悪くても自然と涙が溢れるものです。

コーチングを始めた頃はそれが強かった。
でもベテランコーチになった気分になり、それが薄れてもいいのか。

変えられない事を受け入れるだけの寛容さ。
変えられる事に恐れず立ち向かう勇気。

そしてレースに向かう選手達を、コーチとして心から自信を持って送り出したい。
by taba-s | 2010-06-08 21:33 | Coaching | Comments(2)
Commented at 2010-06-08 23:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-06-09 08:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31