TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

競泳という山

今日の話は数年前から、、、卒業生に対しても個人的に話した記憶があります。

競泳を山に例えます。選手もコーチも「競泳という山」を登っています。その山の頂点からの「最高の景色」を一目みたいという願望を持って、みんな頂上を目指して登ります。そうです。みんな競泳の頂点を極めたいと思っているからです。しかし、その道のりは決して楽ではありません。雨の日もあれば風の日もあり、、、また様々な方向から「頂点」を目指して登っている人がいるし、中には遠回りして登っている選手やコーチもいるかもしれません。
例えば、、、途中で後ろを振り向く余裕もなくひたすら真っ直ぐに登りつめる人、遠回りをしながらゆっくりと登る人もいれば、少し山を下ってみたりして、いろいろな景色を楽しむ人、みんなそれぞれ「競泳という山」を登りながら楽しんでいるのかもしれません。また、それが選手の立場での登山なのか?それともコーチの立場での登山なのか?どちらにせよ、「競泳という山」を極めるために一歩一歩登っているのでしょう!

試合で思うようなタイムが出なくても、その時は少しだけ「寄り道」をしただけで「競泳という山」の一部分を覗く時間を与えられたと思えばいい。その過程が多い人ほど「寄り道」をした人を見かけた時に声をかけ、その人達の悩みを聞き入れるだけの余裕が生まれる。

試合で思うようなレースが出来なくても、その時は少しだけ「寄り道」をしただけで「競泳という山」のいろいろな場所からの景色を眺める事ができ、その場所からの景色の良さに気がつく事が出来たと思えばいい。その過程が多い人ほど、いろいろな結果を残した人に対して心から祝福できる余裕が生まれる。

そうなのです。たとえ試合で悔しい思いをしたとしても、確実に「競泳という山」を一歩一歩登っているのです。頂上からの景色を眺める事も大切ですが、その「競泳という山」を登り詰めるということは遠回りも必要だと、、、私はそう思います。

人気blogランキング ←ブログランキング(スポーツ全般)。現在は2位!しかし1位はケタ違い、、、これは抜けそうにないなぁ?ぜひクリックしてみて下さい!
c0023212_231463.jpg
<写真>昨日の九州学生短水路の試合でお昼休みに50m背泳ぎの短水路日本記録更新にチャレンジした山野井健太!残念な結果でしたが、いい経験になったことと思います、、、
by taba-s | 2005-03-07 21:05 | Coaching | Comments(3)
Commented by 村上@KUST at 2005-03-08 00:27 x
短水路お疲れ様です!
あまりお話しすることは見つかりませんでしたが、直にお会いできて嬉しかったです!これからもよろしくお願いいたします!
50m自由形のレースの直後に面白い写真が取れたのでトラックバックしました。よろしければご覧ください☆
Commented by 難波のツゥィンズ at 2005-03-08 15:42 x
うちのサッカー小僧が先日付け届けの甲斐あって兵庫の滝川に遠征しました。そこでこんな 「部訓」が飾ってあったそうです。
人生に蹴球というに種をまき、練習という光を浴び、友情という水をやり、全国制覇という花が咲く
Commented by taba-s at 2005-03-08 19:56
難波先生!今日はコーチへの差し入れ有り難うございます!!コーチもやる気が出る一番の差し入れです(笑)
それと、、、この「部訓」いい言葉ですね!全国の指導者はいろいろな「言葉」を伝える事で人間教育を行っているのだとつくずく感じました。私もいろいろな「言葉」のアプローチによって選手の人間教育と競技実績を向上させることが出来るように、いろいろな先生方の「言葉」にアンテナをはって頑張ります!!

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31