TABA(競泳と競馬で勝負!)

tabasho.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ピーキング

徐々に強化期間から調整期間に移行していきます。焦らずにやるべきことをやりましょう。
選手達はしっかりと休んでリフレッシュしてください!
個人的には6月以来となる久しぶりの日曜日(休日)なんです!(朝4時に目が覚めたけど・・・)


オリンピック競泳陣も最終日を迎えます。
1週間の目覚ましい活躍、日本代表チームのスタッフや選手達を誇りに思います。




スポーツの祭典「オリンピック」
当然、メディアへ大きく取り上げられ、その対策も各競技団体で行われている様子が伺えます。
各競技団体の代表選手はみんないいコメントをしていると思います。素晴らしい!

でも・・・
# by TABA-S | 2016-08-14 07:01 | Coaching | Trackback | Comments(0)

強化期間

今週から強化期間が始まります。
選手たちは午前午後と頑張ります。

日々厳しいことも言いますが、レースで納得のいく結果を残して欲しい。
今やらなければ、レース後には後悔しか残らない。

1回1回の練習、1本1本の泳ぎ、今やれることを精一杯やるのみ。

今置かれている状況を理解し、やるべきことを明確にしたら、あとはとことんやるだけ!
迷わず突き進む!

悩む暇でもあろうものなら、まずは行動を起こせ!


その先は、やり切った者にしかわからない・・・
# by TABA-S | 2016-07-19 20:21 | Training | Trackback | Comments(0)

九州学生選手権

7月9〜10日に大分県別府市で九州学生選手権が行われました。
屋外プールで台風の影響もありましたが、多くの選手が自己ベストや大学ベストを出してくれました。
以下が自己ベストを更新した選手で、特に1年生が頑張っています!

加藤理(50Fr・100Fr)
井上蒼樹 (50Fr・100Fly)
池下肇一(100Fr)
宗光和希(100Fr)
増田成将 (200Fr・400Fr)
野田皐成(100Br・200Br)
坂本悠輔 (200Fly)
金川悠太(200Im)
川崎瑠唯 (200Im・400Im)
江郷遥香(200Fr)
田中真央 (100Ba・200Ba)

気分転換して、またインカレに向けて再スタートです!

本大会、大先輩から昨年卒業した先輩まで、たくさんの先輩が応援に駆けつけてくれました。
ご声援と差し入れをあがとうございました。

また、本大会にご尽力いただきました、大分県水泳連盟、九州支部をはじめ、ご父兄の方々等の大会関係者の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。
# by TABA-S | 2016-07-11 11:47 | Coaching | Trackback | Comments(0)

昨日のイベント行事

午前中は特待生表彰式がありました。
大学は全学部に対して計203名の学業成績優秀者を表彰します。
保護者も出席されていましたが、これは金銭面でも親孝行になりますね。
表彰された学生は、大人に対してもしっかりとした会話ができ立派でした。

午後は小学校教員向けのスノーケリング講習会がありました。
小学校にスノーケリング指導に派遣される水泳部員も参加しました。
泳げない児童が道具を使いこなして1時間で水を怖がらず泳ぐようになります。

明日から福岡の小学校もプール開きです。
福大水泳部では、小学校の水泳の授業に部員4名を派遣して授業サポートします。
授業後には給食も頂きます。このようなイベントは学生にとっても勉強になります。
そして何より、このような活動が単位として認められるのですから!

福大水泳部の卒業生が指導している九州共立大学や西日本短期大学が来校。
試合ではライバルとなりますが、九州で活動する同志との交流は大切です。


強化は順調に進んでいますので・・・
くれぐれも体調を崩さずに来週のレースに向けて準備をして欲しいです!
# by TABA-S | 2016-06-12 06:31 | Private | Trackback | Comments(0)

巡回訪問

教育実習の巡回訪問でM高校に行ってきます。
水泳部顧問の先生(福岡大学水泳部の卒業生)には、毎年(8年間ずっと)選手を送って頂いています。
有難く思いますし、立派な卒業生を送り出せるように恩返しをしなければならないと常々思っています。
実習生も教育実習が始まって10日が経過しますが、忙しい毎日を過ごしているようです。
なぜか少し胸が高まります。。。
# by TABA-S | 2016-06-08 07:57 | Private | Trackback | Comments(0)

合同練習

山口先生が Japan Open 引率のため、大学では2日間の合同練習でした。
チームでやっていると、年に数回はこのような機会を設けることも大切だと思います。

練習については、特別にメニューを変更して特別扱いする訳ではなく、本当に私の通常のメニューで微調整しての合同練習だったので、ショートチームにとってはハードなトレーニングになったと思います。しかし、みんなよく声を出し合って頑張っていました!いつもの山口先生の教育を念頭にした指導の「軸」がぶれていないのだと感じました。

私も山口先生も私利私欲のためにプールサイドに立っている訳ではありません。
選手が結果を出すための準備を万全にし、自信を持ってレースに挑めるようにやっています。
目的は一つなので、不在の時もお互いに信頼して選手を預ける事が出来ています。

「個人競技でも複数の人で構成された1つのチームであり、つまりは団体競技である」
などのような表現をすることがよくあります。

これはスポーツの世界だけではなく、人は共同体(私的所有社会共同体以前に存在するとされる社会)の中で「共存して生きている」ということであり、そこに共同体意識があるのかどうかが問われることによって、福岡大学水泳部の方針に基づいた組織が成り立ち、競泳独自の個人スポーツとしての競技が成り立ち、チーム(組織)に繋がるプレーになると思います。私の基準では、それを「チームワーク」と言います。学生達には、これからも強い帰属意識と共同体意識を持って練習にも試合にも挑んで欲しいです!
# by TABA-S | 2016-05-21 09:51 | Training | Trackback | Comments(0)

最低でも出来る事

どのような状況でも「最低限度」の線引きをするようにしている。
(せめてこれだけはやっておこう・最低でもここまで終わらせよう)

ある「物事」に取り組む際、その「物事」に対する思い入れが線引きを変えると思う。
または、その物事に関わる「人」に対する思い入れも線引きを変えるだろう。


どのような状況に置かれても「線引きをしない」という線引きもあるのかもしれない。
それは、すべての状況に対して思い入れがないことを示すのであろう。

そんな場合、わざわざ線引きをする必要はないと思う。
どのような状況に置かれても「線引きをしない」・・・・・に対して線引きをすればいい。



乞食は三日やったらやめられない・・・・
# by TABA-S | 2016-05-15 06:49 | Coaching | Trackback | Comments(0)

九州学生春季短水路公認記録会

今日は第2回目となる九州学生春季短水路公認記録会でした。
佐賀県水泳連盟の方々にもご尽力頂き、無事に大会を終える事が出来ました。
GW明けの、この時期に、昨年から新設されたいい大会だと実感しています。

また、どの県でも同じだと思いますが、選手のための競技運営を目指している心意気が伝わりました。我々の指導現場も、学生のモラルの向上、競技力の向上、競技の普及を念頭に頑張らなければならないと実感しました。そして競技会でのマナーアップに努めることで、競技役員の方々に恩返しが出来るようにしたいです。今後も個人的に、一つの物事を客観的に捉えて様々な視点から総合的に評価出来るように、視野を広げていきたいと思います。また関係者から多くの意見が出ることはいいことだと思います。その意見を踏まえて、年々より良い大会に発展していけるよう粛々と頑張っていきたいと思いました。


最後になりますが・・・
学生委員会九州支部に関わっている方々には本当に心から感謝したいです。
# by TABA-S | 2016-05-08 19:39 | Coaching | Trackback | Comments(0)

五感

泳ぎについて話す時、各選手に伝わりやすいように噛み砕いて話すように心掛けています。
図に書いたり、動きで説明することがよくあります。私が担当するのは大学生なので・・・
「何故そうするのか?」を説明して自分で考えるきっかけを与えられるように心掛けています。

選手一人一人の受け取り方は違います。現場は生ものであることが判ります。

(1)理想の映像を見て、イメージを作って、実際にやってみて、後から自身の映像を見る。
(2)話を聞いただけでイメージし、やってみて、後から理想の映像と自身の映像をすり合わせる。

例えば(2)のように選手自身でまずイメージして考えて実践することによって、見るべき映像とは違った独自のエッセンスが加わって自分の泳ぎが構築されることがあります。それを「個性」というのなら、選手の個性とその個性の構築能力を引き出して磨きたい。そして常に自身の映像を撮って確認する作業は絶対です。

私の目で見た映像、そこから感じたもの、それを噛み砕き、独自の手法で伝える。
独自の感性で聞く選手、独自の感性で試す選手。自身の映像を確認する選手。
このように様々なフィルターがかかって磨かれる「新たに身につける技術」楽しいです。

最近は選手の泳ぎに合わせて歩きながら「泳ぐ音」も大切にしています。


毎日お互いに五感をフル活用し、私と選手達の「第六感」に期待しています。

ところで・・・
# by TABA-S | 2016-05-01 06:59 | Coaching | Trackback | Comments(0)

新入生歓迎会

昨日は新入生歓迎会でした。
12名の新入生は高い志を持って4年間頑張って欲しいと思います。新入生の挨拶も例年と変わり、コミュニケーションスキルの向上に繋がる有意義なものだと感じました。

私からは、日本国憲法で定められた「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」の三つの日本国民の義務について話をしました。学生は、家族や周りの人々の協力があって、最後の教育機関である大学での学生生活を営みます。そして卒業すれば、社会人として必然的に日本国憲法で定められた三つの義務を課せられます。それまでの残された学生生活の数年間は、支えてくれる人に甘えてもいいと思います。その中で本当にやるべきことを考えて、自発的に自らが努力をし、そのための行動を起こす事が「学生の義務」だと思います。学生達の自立を期待し、社会人になるまで、親と同じ気持ちで部員全員を見守ります。

そして、このような水泳部のイベントの企画・運営は全て幹事が行います。今回も会の進行で1つだけ注意をしましたが、あとは良かったと思います。今年は遠藤君が主将と幹事を兼任しています。様々なことで注意をすることもありますが、そのたびにどんどん成長して、チームを客観的に見ることができるようになっています。本当に主将としても幹事としても頼りになります。これからも大いに期待したい!

最後になりましたが、ご多忙の中、ご参加頂いた福水会の辻会長、水泳部部長の佐藤先生、顧問の久木元先生、専属トレーナーの江郷先生、栗木先生、コーチの山口先生、(コーチの小川先生は都合により欠席)有難う御座いました。

このような布陣で今年も頑張っていきます。
今後とも、これまでと変わらずのご支援とご協力を宜しくお願い致します。
# by TABA-S | 2016-04-24 08:03 | Coaching | Trackback | Comments(0)

FUST CARDINALS


by taba-s
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31